神戸、大阪で脳梗塞、脳出血のリハビリなら動きのコツ研究所

住所
兵庫県西宮市池田町9-7 フレンテ西館 305号
営業時間
月曜日〜日曜日 10:00〜19:00

無料電話相談

050-3390-0152

肩が楽に挙げられるためのコツ

 

悩み別解説動画ページ

  1. 入門編
    まずは1分間の動画で、悩みを改善するための動きのコツを体感してください。
  2. 基礎編
    より詳しい改善方法の基礎となる5分間×5本の動画で紹介します。
    うまくいかない場合は1番から矢印にそって順番に実践してください。
  3. 実践編
    さらに細かいコツを見つけることで改善の可能性があります。
    実際に来所された方のオーダーメイドの動画を紹介します。

肩が楽に挙げられるためのコツ

  1. 入門編1分動画

    脇の開きを気を付けて肩を楽に挙げるコツ

    腕を挙げる前に脇の動きを感じることができると、肩が楽に挙げられる可能性があります。

  2. 基礎編1/5

    脇の開きを気を付けて肩を楽に挙げるコツ

    一気に腕を挙げようとするのではなく、まず脇の擦れる動きを感じることができると、肩が楽に挙げられる可能性があります。

  3. 基礎編2/5

    少しの動きで脇の開きを感じやすくするコツ

    座った状態で、麻痺側の脇がすれるようにゆっくりと動かしていくと、楽に肩を挙げられる可能性があります。

  4. 基礎編3/5

    良い側で介助しながら、脇の開きを感じやすくするコツ

    良い側の手で麻痺側の手首を持ちます。その状態で、ゆっくりと麻痺側の脇がすれることを感じながら動かすと楽に腕が挙げられる可能性があります。

  5. 基礎編4/5

    脇の開きを感じやすくするための麻痺側のお尻で支えるコツ

    腕を挙げようとするときに、良い側のお尻に体重がかかりながら行っていることが多くあります。まずは、麻痺側のお尻でも、しっかりと支えていることを感じながら腕を動かすと楽に腕が挙げられる可能性があります。

  6. 基礎編5/5

    麻痺側のお尻で支えるための座り方のコツ

    体を猫背にしていくと、お尻の後ろが「べったり」または「どっしり」と感じることが出来ます。感じにくい場合は、麻痺側のお尻に体重が乗っていないことがあります。その時は、①左右の体重移動で、麻痺側のお尻を感じる、②体を猫背にする、③体を起こしてお尻の骨のグリグリを感じることが出来る。その結果、お尻が感じられると、手が動かしやすくなる可能性があります。

  7. 実践編脳出血

    腕のリハビリ! 自分で肩の硬さを緩めるコツ (土井畑様)左麻痺

    悩み:肩・肘・手首の緊張が高くて、座り方を気にしていたが腰の緊張感が高くなり、なかなか自分では緩めることができない。
    要点:座り方の練習の前に、お腹の動きを感じながらお腹周りを捻じる練習をしてきました。しかし、土井畑様は両方の肩を使って捻ってしまっておられたため、実はお腹の練習になっていなかった。まずは、両方のお尻でしっかり座った状態で肩から捻るのではなく、両方のお腹で捻るようにすると、座っている姿勢が安定して腕の緊張も緩みやすくなる。他の動きでも肩から動き出していたので、他の座る練習の時も肩を使わずにお腹を意識して行っていく。

  8. 実践編片麻痺

    腕のリハビリ!車椅子で楽に左腕を置いて痛みをなくすコツ(田房様)左麻痺

    悩み:車椅子の肘置きに腕を置いておくと、置いている感触が不安定で肩が痛くなってしまう。
    要点:車椅子にどっしり左右のお尻で座っている状態で、体を動かさずに胸が開くような感じで肩甲骨の動きを感じる。はじめから大きく動かさずに小さい範囲から感じるようにする。腕を車椅子に乗せようとすると緊張が高くなるので、座った状態で耳と肩を近づけたり離したりする練習をしてから置くと乗せやすい

  9. 実践編脳出血

    腕のリハビリ!肩甲骨の柔らかさに繋がる座るコツ(土井畑様)左麻痺

    悩み:腕の緊張をやわらげようとしても、立った状態で柔らかくすることができない。座った状態で練習したが脇腹が突っ張ってしまって、腕の緊張もよくならない
    要点:座り方を改善させて、肩甲骨を柔らかくする準備をしっかり行います。そのためには、脇腹の動きを感じることが重要です。椅子に両方のお尻でどっしり座り、軽く体を左右に捻ると背中や体の横側が柔らかくなる。次に両方のお尻をどっしりとした状態で、体を左右に揺らして体の前側と横側の緊張が緩むことを確認した後に、両方の肩甲骨を背骨に向かって動かすようにする

 

ページ先頭へ