神戸、大阪で脳梗塞、脳出血のリハビリなら動きのコツ研究所

住所
兵庫県西宮市池田町9-7 フレンテ西館 305号
営業時間
月曜日〜日曜日 10:00〜19:00

無料電話相談

050-3390-0152

曲がった指を伸ばすためのコツ

 

悩み別解説動画ページ

  1. 入門編
    まずは1分間の動画で、悩みを改善するための動きのコツを体感してください。
  2. 基礎編
    より詳しい改善方法の基礎となる5分間×5本の動画で紹介します。
    うまくいかない場合は1番から矢印にそって順番に実践してください。
  3. 実践編
    さらに細かいコツを見つけることで改善の可能性があります。
    実際に来所された方のオーダーメイドの動画を紹介します。

曲がった指を伸ばすためのコツ

  1. 入門編1分動画

    指が開きやすくなるコツ

    手の平の無理に伸ばすのではなく、ふわ〜と手の平のシワを緩むことを感じることができると、指が開きやすくなる可能性があります。

  2. 基礎編1/5

    硬くグーになった指を伸ばすコツ

    手の平の無理に伸ばすのではなく、ふわ〜と手の平のシワを緩むことを感じることができると、指が開きやすくなる可能性があります。

  3. 基礎編2/5

    指を伸ばすために太ももの上に手を楽に置くコツ

    麻痺した手を太ももにおいて、手の平が「ふわ〜」と緩むことを感じることで、指が開きやすくなる可能性があります。

  4. 基礎編3/5

    太ももに手を置くための肘の動きのコツ

    麻痺側の手を太ももに置く際に、肘の動きを感じます。ゆっくりと肘の伸びを感じながら太ももに置くと手の平が楽における可能性があります。

  5. 基礎編4/5

    肘の緩みを感じるためにお尻を感じるコツ

    肘の曲げ伸ばしを感じるために、麻痺側のお尻に「どっしり感」を感じていきます。お尻の「どっしり感」が感じられると楽に肘の動きが感じられる可能性があります。

  6. 基礎編5/5

    お尻で支えるための座り方のコツ

    体を猫背にしていくと、お尻の後ろが「べったり」または「どっしり」と感じることが出来ます。感じにくい場合は、麻痺側のお尻に体重が乗っていないことがあります。その時は、①左右の体重移動で、麻痺側のお尻を感じる、②体を猫背にする、③体を起こしてお尻の骨のグリグリを感じることが出来る。その結果、お尻が感じられると、手が動かしやすくなる可能性があります。

  7. 実践編片麻痺

    手のリハビリ! 左手の指を伸ばしておくコツ (田房様)左麻痺

    悩み:テーブルや太ももの上に手を置くと、指が曲がったままになってしまう。
    要点:肘だけを動かして緊張していないことを確認します。次に手首を動かす時に麻痺側の手のひらに良い方の手の甲を当ててゆっくり上下に動かして手首を緩めます。そしてテーブルや太ももの上に両手を移動させて、指先の方に向かって良い方の手を抜いていきます。

  8. 実践編片麻痺

    手のリハビリ!さらに指を伸ばして机に置くためのボールで緩めるコツ(田房様)左麻痺

    悩み:ボール前後に転がして指を伸ばす練習をしていたが、どうしてもうまく伸ばすことができなかった。
    要点:ポイントが4つあります。①座っている姿勢が良い方に傾いていたり、猫背になっていないか確認する。②ボールを手前に転がす時に脇が動く感じを意識する。③ボールを前に転がした時に手首が動く感じと肘が伸びることを意識する。④ボールを介して手のひらで床の硬さを感じる

  9. 実践編脳出血

    手のリハビリ!指を伸ばして机に置くためのボールで緩めるコツ(田房様)左麻痺

    悩み:仕事の時に指が伸ばせて机に置けない
    要点:ボールを使って、手を感じながら前後左右に動かして指の緊張を抜けるように進める。この練習は介助と一緒に練習をする方がより効果が出やすい。手を前に伸ばしていく時は、介助者が肘を少し下から上に押して介助する。手を手前に曲げていく時は、肘を介助者がサポートしながら柔らかくなるように意識する。これらを実施している時に指が曲がってくる時は、手を伸ばす方から介助して指の緩みを確認して段階的に行う。

 

ページ先頭へ