神戸、大阪で脳梗塞、脳出血のリハビリなら動きのコツ研究所

住所
兵庫県西宮市池田町9-7 フレンテ西館 305号
営業時間
月曜日〜日曜日 10:00〜19:00

無料電話相談

050-3390-0152

歩行時に足が引っ掛かり、外から振り回して歩かないコツ

 

悩み別解説動画ページ

  1. 入門編
    まずは1分間の動画で、悩みを改善するための動きのコツを体感してください。
  2. 基礎編
    より詳しい改善方法の基礎となる5分間×5本の動画で紹介します。
    うまくいかない場合は1番から矢印にそって順番に実践してください。
  3. 実践編
    さらに細かいコツを見つけることで改善の可能性があります。
    実際に来所された方のオーダーメイドの動画を紹介します。

歩行時に足が引っ掛かり、外から振り回して歩かないコツ

  1. 入門編1分動画

    歩行時に足を楽に振り出すコツ

    振り出しを膝から振り出すように気を付けると、つま先が引っ掛からずに楽に振り出せる可能性があります。

  2. 基礎編1/6

    歩行時に足を楽に振り出すコツ

    振り出しを膝から振り出すように気を付けると、つま先が引っ掛からずに楽に振り出せる可能性があります。

  3. 基礎編2/6

    歩行時に足が軽く振り出すためのコツ

    手すりを持って立った状態で、麻痺側の足を振り出すときには膝から振り出すように感じていくと、歩くときに足が大きく振り出したり、つま先が引っ掛からず歩ける可能性があります。

  4. 基礎編3/6

    振り回して歩かないために、立って麻痺側の足で支えるコツ

    麻痺側の足を振り出そうとする際に、良い側の足をしっかりと支えられるか確認していきます。良い側の足の裏がしっかりと支えられると、麻痺側の足が軽くなり振り出しが楽にできる可能性があります。

  5. 基礎編4/6

    振り回して歩かないために、立ち上がりで足の裏を感じるコツ

    まずは両膝を軽く曲げて、足裏が「べたっ」と感じます。その、「べたっ」とした感じを意識しながらゆっくり膝を伸ばしていくと、両足でしっかりと体重を支えれることが出来る可能性があります。

  6. 基礎編5/6

    立ち上がり時に足の裏を感じるために、立つ前から感じるコツ

    立ち上がるときに、手すりを持った状態で麻痺側のカカトを感じながらゆっくりと立ち上がると、両足でしっかり体重が支えられて立ち上がれる可能性があります。

  7. 基礎編6/6

    立つ前にお尻を感じて、楽に立ち上がれるためのコツ

    座ったゆっくりお辞儀すると麻痺側の太ももに「ドッシリ」とした感じが感じられます。「ドッシリ」を気を付けながらゆっくりと立ち上がると、体重をしっかりと支えられる可能性があります。

  8. 実践編脳梗塞

    脳梗塞歩行リハビリ!楽に降り出して歩くコツ(橘様)

    悩み:麻痺側の足を振り出す時に、つま先が引っかかりそうになってしまい、腰を持ちあげて歩いてしまう。
    要点:良い方の足に体重を乗せていく時に、麻痺側の腰が下がりすぎてしまっていました。そこで良い方の足に体重を移動させた時に、体全体的に真上に伸び上がる。そうすることで、良い方の足を頑張らずに支えて、体が傾いたり、腰を持ち上げたりせずに楽に真っ直ぐ振り出すことが出来ます。

  9. 実践編脳梗塞

    片麻痺 歩行リハビリ!膝を柔らかく曲げて降り出すコツ(田房様)

    悩み:歩く時に膝が曲がらずに棒のようになって振り出してしまって、足の外側で床に接地してしまう
    要点:歩くなかではなく、立った状態から練習を始めます。麻痺側の足を前に振り出す前に、良い方に体重を移動させます。そして麻痺側の足が全体的に軽くなったことを確認します。そのあとに膝から下だけゆっくり出します。

  10. 実践編脳梗塞

    歩行リハビリ!膝を曲げて指が曲がらず振り出すコツ(大久保様)

    悩み:麻痺側の足で体重を支えている時には、足の指が曲がらずに支えることができているのに、麻痺側の足を前に出そうとすると足の指が曲がってしまう。
    要点:良い方に体重をかける時に、①体をまっすぐ起こした状態 ②良い方の股関節をくっつける感じ ③麻痺側の骨盤を下げるの3つを気をつけながら行うことで、足の裏全体が軽くなります。軽く振り出せて指が曲がらずに歩くとができます。

  11. 実践編脳出血

    歩行リハビリ!引っ掛かりとがに股にならずに振り出すコツ(土井畑様)

    悩み:麻痺側の足で支えた後に、振り出そうとすると親指側に体重が残ったままになっており、麻痺側の足を前に出すと引っかかってしまう。
    要点:足を揃えて左右に体重移動した時にも親指側に体重が残ったままになっている。これを軽くするためには、良いほうに体重移動させる時に、体重の乗り始めから親指側も軽くしていくように意識します。その結果、振り出すときにも、足が全体的に軽くなり引っ掛かりが少なくなります。

ページ先頭へ