神戸、大阪で脳梗塞、脳出血のリハビリなら動きのコツ研究所

住所
兵庫県西宮市池田町9-7 フレンテ西館 305号
営業時間
月曜日〜日曜日 10:00〜19:00

無料電話相談

050-3390-0152

こんなお悩みはありませんか

    • 発症から半年以上経っているけど、
      麻痺の回復を諦めたくない
    • もっと楽に動けるようになりたいのに、
      維持目的のリハビリしかしてもらえない
    • 「手の改善は諦めてください」と言われた
    • 頑張ってリハビリしているのに、
      改善を実感できない
    • 筋トレやマッサージでは
      これ以上改善しないと感じている
    • 力を入れる/抜くのが
      上手くいかない原因がわからない

回復を諦めていた方も目標を達成しています

    • 一人で楽に
      ご飯を作れるようになった
    • おふろに入ったり、
      トイレに行くのが楽になった
    • 安心して
      通勤できるようになった
    • パソコンをスムーズに
      打てるようになった
    • 旅行に行けるようになった
    • ガーデニングを
      楽しめるようになった
    • ゴルフを
      楽しめるようになった

私たちはどのように体を動かしているのでしょうか?
それは、脳から指令を出すことで、手足を思うように動かすことができます。

脳梗塞後の麻痺の原因は、脳から流れる指令の不調にあります。
脳からの指令が強すぎたり、弱すぎたりすることで、体が思うように動きません。

つまり、麻痺を原因から改善するためには、脳から流れる指令を調整する必要があります。
病院や多くのリハビリ施設では、以下のような麻痺がある部分(体)へのリハビリを施されることが多いですよね。

  • ・筋肉を柔らかくするためのマッサージ
  • ・麻痺した筋肉を回復させるための筋トレ

しかし、これらは「体」へのリハビリなので、麻痺の原因である「脳」への解決策になっていません。

それでは、どうやって脳から出る指令を調整するのでしょうか?
それは、脳に「正しい感覚」を思い出させることで、脳から出る指令を作り直します。脳科学の研究によると、感覚を感じ取りやすくなる結果、体を動かすための指令が変化します。

動きのコツ研究所では、「体のどこを、どのように意識すべきか」お伝えすることで、脳が「正しい感覚」を思い出させます。その結果、脳からの指令が変わり、動きやすくなることを目指します。

当研究所にご相談いただく多くの方は、今まで頑張ってきたリハビリではなぜ効果が実感できなかったのか?という原因が分かるので、大変喜んでいただいております。麻痺による動きにくさを、原因から対処していく動きのコツだからこそ、回復を諦めない皆さんのお力になれると信じています。

「歩く」ためには、その基礎となる動きが必要となります。片足・両足でバランスをとる、体重移動を行う、膝を曲げる、両足で立ち上がる、お尻や太ももで体重を感じて座る、など歩くための基礎となる運動ができて初めて「歩く」ことができます。

従来のリハビリは、楽に歩くことが目標であれば、いきなり歩く練習をすることが多いのではないでしょうか。
ご相談いただく多くの方から「たくさん歩いているのにリハビリの効果を実感できない」という声をとてもよく聞きます。

実は、座る・立つなどの基本動作は正しくできていると思っていても、ほとんどの方がご自身では気づかない癖を抱えています。基本動作が正しく感じられていない状態でいきなり目標の動きを練習しても、それはご自身の脳にとって難しい運動であるため、「リハビリをしても変わらない」と感じてしまう場合が多いです。

動きのコツ研究所では、はじめからは目標の動きを練習いたしません。基本的な動作からステップごとにコツコツと練習・改善していくことで、本来の目標である楽に歩く、腕を使うといったことが達成されます。達成したい目標に対して基本動作から修正するようなイメージです。

また、毎回変化を感じてもらえるように動きのコツを指導させていただきます。歩く、腕を使うという目標に向かって小さい階段を少しずつ登ることができれば、リハビリ効果を実感しやすくモチベーションを保つことができます。

基礎の重要さを理解しているからこそ、動きのコツ研究所では日常生活で一人でもできる基礎練習に徹底してこだわっています。従来のリハビリの効果が薄れてきた、頑張っているのに改善が実感できないと感じていた多くの方が、基本動作から見直すことでリハビリの効果をご実感いただいております。

リハビリができるのは施設でのリハビリ時間内だけと思い込んでいませんか?特殊な器具を使ったり、マッサージのように人の手を必要とする場合は、ご自宅でリハビリするのが難しいですよね。

  リハビリ+鍼 ロボットリハビリ 動きのコツ
脳に対するリハビリ
専門機器の使用 ×
自宅で一人でリハビリができる ×
生活で使えるリハビリ ×

動きのコツは正しく感じるための意識の仕方を指導するリハビリ法です。意識の仕方を教えるリハビリだからこそ、ご自分しだいでいつでもリハビリをすることができます。普段生活している時に立ち方を意識してみたり、椅子や手すりなど日常にあるものを使って体の感覚を意識することができます。

つまり、自宅にいる時間がリハビリになるので、施設でのリハビリ時間外も回復に向けて努力することができます。
極端に言えば、動きのコツの手法を理解すればセラピストがいなくてもご自身で問題の症状を解決することができるようになります。

一人で悩まず、まずは無料の電話相談

050-3390-0152電話受付 10:00〜19:00

※お電話が繋がりにくい場合は、留守番電話に名前と電話番号を記録してください。
追って、こちらからかけ直させていただきます。

資料請求、メールでのお問い合わせは24時間受付中!

動きのコツは体の感覚を意識するリハビリ法であり、特殊な器具を使わず、マッサージのように人の手が必要ありませんので、ご自宅でお一人でも練習することができます。リハビリ時間外もみなさんの回復に向けた努力をサポートする体制を整えております。

ご自宅で一人でもできる復習リハビリ動画を毎回プレゼント

リハビリ中に見つかった「うまく動けない原因とその改善策」を、毎回動画にまとめてプレゼントします。体のどこを正しく感じることができないのか?どうすれば正しく感じることができるか?といったうまく動けない原因とその対策を動画で見ながらご自宅で練習していただくことができます。

毎回みなさんの脳の状態に合わせて、新しいコツを習得できるような動画の内容になっております。この動画を活用して、ご自宅でお一人でも練習することができますので、大変ご好評いただいております。

テレビ電話で徹底サポート

みなさんがご自宅で動きのコツを実践するときに、復習用の動画やサイト内のリハビリ動画を参考にしても上手くいかないときもあるかと思います。次回のリハビリまで時間が空いてしまうと、このやり方でいいのかな?と不安になるかもしれません。

そんな時は、スカイプ・LINEなどのテレビ電話の無料ソフトを使って、自宅に居ながらセラピストにリハビリアドバイスを受けることができます。特殊な器具を必要としない動きのコツだからこそ、ご自宅にいながら対面のリハビリとほとんど相違のないサービスを受けていただくことができます。

※テレビ電話での動きのコツ指導では、みなさんの目標達成に向けて全力でサービスを提供させていただくために、別途ご料金をいただいております。

日々の体の状態を記録するリハビリ日記

動きのコツ研究所に通われる方には、日記をつけていただくことをお約束いただいております。日常生活やご自宅でのリハビリで、なにが上手くできたか?どこが難しかったか?を日記に記録していただきます。

対面でのリハビリの際にセラピストが日記を読ませていただき、みなさんの脳の状態を正しく把握することで、適切な改善策をご提案することができます。つまり、日記にご協力いただくことでより早い回復を見込めます。

また、日記をつけていただくことで、みなさんが普段からご自身の体の状態をより意識するようになります。ふとした時に癖のついたまま生活してしまいがちですが、リハビリ時間外も正しい感覚を意識して生活する習慣をつけていただくことができます。

お客様から喜びの声が届いています

目標に向かって日々頑張っているみなさんの声です。
従来のリハビリとの違いや、目標達成における基礎の大切さを実感されたという声をいただいております。

お客様の声を読む

動画でお客様の声を見る

  • 土井畑様
    脳出血 左片麻痺
    発症から15年目

    15年あった痛みが
    減って驚きました

    > 動画を見る

  • M様
    脳出血 左片麻痺
    発症から4年

    今までの筋トレとは
    まったく違いました

    > 動画を見る

  • A様
    脳出血 左片麻痺
    発症から3年

    これが歩きの基礎なんだ
    とわかりました

    > 動画を見る

  • 大久保様
    脳梗塞、左片麻痺
    発症から4年

    1段上を目指していける
    リハビリでした

    > 動画を見る

  • 江尻様
    脳梗塞、左片麻痺
    発症から7年

    意識するだけで、驚く
    ほどに良くなりました

    > 動画を見る

  • A様
    脳出血、左片麻痺
    発症から1年

    前よりも自信を持って
    歩けるようになっています

    > 動画を見る

  • 平池様
    脳梗塞、左片麻痺
    発症から2年

    テキストが入りますテキ
    ストが入ります

    > 動画を見る

  • YMCA米子医療福祉専門学校 講師 小川昌 先生

    理学療法士、山陰認知神経リハビリテーション勉強会会長

    先生のご決断は本当に大きいものだと思います。
    揺るぎない決意を受取ました。

    進む道は決して平坦ではないと思います。
    しかしながら先生の御決意はそれをも
    打ち破っていけるだけのものと信じています。

  • 首都大学東京 健康福祉学部 准教授 池田由美 先生

    理学療法士

    私も先生が始められたような場が
    あるといいと思っていましたが、
    それをしっかり目に見える形にして始められたことは、
    改めて、先生のパワーはすごいなと思います。

  • 八木病院 中里瑠美子 先生

    作業療法士、執筆書籍「わたしのからだをさがして〜リハビリテーションでみつけたこと〜」

    生野さんのブログは,沢山の脳卒中の方の目にとまり、
    それだけでも助かっている人が多くおられると思いますが、
    これからは実際に関わることもできて、
    より一層困っている方の拠り所になるでしょうね。

    どうぞ、すてきなスペースになりますように、
    心より応援申し上げます。

  • 股関節セラピーginzaplus 佐藤正裕 先生

    理学療法士

    困っている方のため、地域のため、家族のため、
    そしてなにより“自分のため”に人生をかけて頑張りましょう!
    遠くから先生のご活躍を応援しております。

動きのコツの効果を実感してみてください

2時間完全マンツーマンリハビリで“楽に動ける喜び”を実感してください

ここまで動きのコツについてお伝えしましたが、あまり聞いたことのない手法で、効果があるのか不安という方も多いのではないでしょうか。本当に効果があるか気になる、動きのコツについてもっと詳しく知りたいという方は、ぜひお電話/メールでの無料相談をご利用いただければと思います。まずはお電話口で動きのコツを体験していただき、体験コースご参加への判断にご活用いただければと思います。

> 体験コースについて詳しくはこちら

一人で悩まず、まずは無料の電話相談

050-3390-0152電話受付 10:00〜19:00

※お電話が繋がりにくい場合は、留守番電話に名前と電話番号を記録してください。
追って、こちらからかけ直させていただきます。

資料請求、メールでのお問い合わせは24時間受付中!

ページ先頭へ