神戸、大阪で脳梗塞、脳出血のリハビリなら動きのコツ研究所

住所
兵庫県西宮市池田町9-7 フレンテ西館 305号
営業時間
月曜日〜日曜日 10:00〜19:00

無料電話相談

050-3390-0152

コップを持って楽に口元まで運ぶコツ

 

悩み別解説動画ページ

  1. 入門編
    まずは1分間の動画で、悩みを改善するための動きのコツを体感してください。
  2. 基礎編
    より詳しい改善方法の基礎となる5分間×5本の動画で紹介します。
    うまくいかない場合は1番から矢印にそって順番に実践してください。
  3. 実践編
    さらに細かいコツを見つけることで改善の可能性があります。
    実際に来所された方のオーダーメイドの動画を紹介します。

コップを持って楽に口元まで運ぶコツ

  1. 入門編1分動画

    肘を感じることで、コップを口元へ運びやすくなるコツ

    力みながら腕を挙げて口元へコップを運ぶのではなく、肘の折れ目を感じると楽に肘が曲げられる可能性があります。

  2. 基礎編1/5

    肘を感じることで、コップを口元へ運びやすくなるコツ

    コップを口元へ運ぶ際には、頑張って力みながら運ぶのではなく、肘の折れ目を感じましょう。ゆっくりと肘の折れ目を感じながら動かしていくと楽に口元へコップが運びやすくなる可能性があります。

  3. 基礎編2/5

    肘を感じることで、コップを口元へ運びやすくなるコツ

    麻痺側の肘を曲げ伸ばしするときに、小さな範囲で肘の動きを感じてみましょう。小さな範囲でゆっくりと曲げていくと肘の緩みが感じられる可能性があります。

  4. 基礎編3/5

    肘を感じるために、両手でコップを持って運ぶコツ

    片手ではどうしても力んでしまう方は、両手でコップを持ちながら肘の折れ目を感じてみましょう。ゆっくりと添えるようにコップを持つことで、楽に肘が感じられる可能性があります。

  5. 基礎編4/5

    何も持たずに肘の折れ目を感じるコツ

    良い側で麻痺側の手首を持ち、ゆっくりと小さい範囲から曲げ伸ばしをして肘の動きを感じましょう。良い側でサポートすることで、肘の柔らかさが出てくる可能性があります。

  6. 基礎編5/5

    肘の折れ感を感じやすくなるために、お尻を感じるコツ

    体を猫背にしていくと、お尻の後ろが「べったり」または「どっしり」と感じることが出来ます。感じにくい場合は、麻痺側のお尻に体重が乗っていないことがあります。その時は、①左右の体重移動で、麻痺側のお尻を感じる、②体を猫背にする、③体を起こしてお尻の骨のグリグリを感じることが出来る。その結果、お尻が感じられると、手が動かしやすくなる可能性があります。

  7. 実践編脳梗塞

    手のリハビリ! 左手が内側に向かずに顔に近づけるコツ(橘様)左片麻痺

    悩み:手を口元に運ぼうとするも、内に返ってしまう。肩に力が入ってしまう。
    要点:まず肩や肘に力が入らない範囲で前腕の転がりを感じてコロコロと動かしていく。その結果、前腕が柔らかく動かせて脇も広がらない。肘を曲げる時は、良い側の手でサポートします。そのなかで、麻痺側の手のひらが上を向きの状態で、肘の折れ目を感じながら動かしていくと楽に曲げられる

 

ページ先頭へ